断熱リフォームとは?断熱リフォームのメリットと費用感を解説

断熱リフォームとは?断熱リフォームのメリットと費用感を解説

夏は高温多湿で、冬は寒く乾燥する日本の気候は過酷なものです。
住まいの断熱が弱いと、外気の影響をそのまま受けてしまい快適に過ごすことはできません。
冷暖房設備で無理やり空調をしても熱のロスが大きく、電気やガス・灯油などのエネルギーコストが掛かり家計を圧迫してしまいます。
 
今回は、断熱リフォームの考え方と方法・費用感について解説していきます。
 
 

断熱リフォームとは

 
断熱リフォームとは、外壁や内壁、天井、床などに断熱材を入れるなど建物の断熱性能を向上させるために行うリフォームです。
築年数の経っている物件では断熱施工がされていないこともあり、冬場は寒く、夏場は暑いことがあります。
この様な建物でも断熱リフォームを行うことにより、室内の気温が安定し、快適に過ごせるようになります。
 
木材価格・新築住宅の価格向上により、既存住宅のリフォームを検討されるお客様は増えてきましたが、そのリフォームの中でも断熱リフォームは住宅の快適性に大きく関わるリフォームです。
 
 

断熱リフォームのメリット

 
断熱リフォームをするメリットとは何でしょうか?
 
まず第一に、年間を通して室内が快適な温熱環境で過ごすことができるということです。
 
特に冬場は室内気温が18℃を下回ると、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まることがデータで実証されています。適切な断熱をすることにより、部屋間の寒暖差によって生じる「ヒートショック」の対策にもつながります。
また、夏場は窓や外壁から伝わる日射による高温を避けることによって、室内での熱中症リスクを回避できます。
 
適切な断熱をすることによって冷暖房の消費エネルギーを少なくし、家庭の光熱費を抑えることが可能になります。
消費エネルギーの削減はCO2排出量の削減にダイレクトにつながるため、地球温暖化対策に貢献することになります。
 
断熱リフォームの考え方には3つあります。
 

断熱リフォームの考え方
  • その①・・・建物全体を断熱する
  • その②・・・部屋を断熱する
  • その③・・・窓などの開口部を断熱する

 
 

建物全体を断熱する | 断熱リフォームの考え方①

 
「建物全体を断熱する」断熱リフォームは、建物の外周面の内壁(あるいは外壁)を剥がし断熱材を入れるため、最も効果的で間違いのない方法です。
建物全体が均質な温熱環境となりやすいため、ヒートショック対策にも効果的です。
 
 
ただし、工事規模が大きくなり住まいながらの工事は難しく、コストと工期が掛かります。
 
 

部屋を断熱する| 断熱リフォームの考え方②

 
「部屋を断熱する」断熱リフォームは、使用頻度の高いリビングや寝室で、部屋の天井・壁・床をくるむように断熱補強する方法です。
解体を伴わずに上張りで施工できる建材もありますので、短工期で施工することもできます。
ただし、廊下など非断熱の箇所との寒暖差が大きくなってしまうのが難点です。
 
 

窓などの開口部を断熱する| 断熱リフォームの考え方③

「窓などの開口部を断熱する」断熱リフォームは熱損失の4割を占めると言われるサッシなどの開口部の改修です。
 
サッシごとの入れ替えには内外装の解体を伴うことが多く費用が掛かりますが、樹脂製の内窓を取り付ける方法であれば、事前に採寸し製作したものを窓枠にビス固定するだけですので短時間で施工することができます。
 
 

断熱リフォームの費用感

 
それでは、それぞれの工事での費用感はどのようなものでしょうか?
 
延べ床面積100㎡(約30坪)の戸建て一般住宅で試算してみます。
 
 

建物全体を断熱する場合
  • 内側から断熱する場合…200~300万円 ※内装の解体を伴う場合
  • 外側から断熱する場合(1)…300~600万円 ※外壁を解体し外断熱とする場合
  • 外側から断熱する場合(2)…200~400万円 ※断熱材入りの外壁材を上張りする場合

 
住宅全体の断熱に関しては、築20〜30年で発生する外壁の大規模改修の折に同時に外壁側から断熱補強する方法ですと管理費や仮設経費もまとめることができ、一石二鳥です。
 
 

部屋を断熱する場合
  • 16帖のLDK1室…60~100万円
  • 8条個室1室…30~50万円

 
断熱補強した部屋は冷暖房の効きも良くなり、快適に過ごすことができます。
ただし、断熱していない部屋との寒暖差が大きくなってしまうのが難点です。
 
 

窓などの開口部を断熱する場合
  • 樹脂製内窓の取り付け…50~100万円
  • 8条個室1室…30~50万円

 
費用対効果を考えると、アルミサッシなどの開口部の断熱から検討するのがおすすめです。
樹脂製内窓を取り付ける工事は、お住まいになりながらでも短時間で施工が可能ですので、工事の対応に負担が掛かりません。
 
 

まとめ

ここまで、住宅の断熱リフォームの大まかな手法と費用感を説明してきました。
 
住宅の断熱改修は生活の質を向上するだけではなく、熱中症やヒートショックなどの家庭内での事故を予防する効果もあります。
住宅のリフォームを計画される際には、間取りや設備などの実用面だけではなく断熱性能の向上も、コストを掛ける選択肢のひとつとして検討するようにしましょう!